業界最大級の看護師求人数 看護師の転職ならカンゴワークス

小児救急看護(認定看護師)に関する情報

小児救急看護認定看護師は、救急時の子どもの病態に応じたアセスメント及び症状マネジメント、救命処置をすることや、子どもの非言語的サインの理解及び適切な心理的ケアの実施をすることが求められます。これらを実践するために、以下の知識・技術が求められることになります。

求められる知識と技術

  • 救急時の子どもの状態緊急度重症度をし必要時独立して救命救急処置を行うとともに適切な医療・診療を提供できるようつなげることができる
  • 救急の場面において子どもが呈している身体状態や心理的を予測も含め子どもの発達段階に応じて判断し適切なを提供できる
  • 子どもが用いる非言語的を理解し救急時における不安・不穏状況を適切にし適切に対応することができる
  • 子どもと親の権利を熟知し擁護するために的確な技術を用い状況や計画されていること等を伝え理解を促しその子どもにとって最善の選択ができる環境を提供することができる
  • 子どもと親家族等の相互作用を観察し関係性や親の育児能力について判断し必要な社会資源を見いだし救急時の不安を緩和することができる
  • 混乱している親の心理を理解し即時適切に対応することができる
  • 自信のない親が取る行動を理解し育児する上で特に育児不安への対処と育児支援につながる健康管理に必要な内容を適切に指導することができる
  • 虐待を疑われる状態の社会資源の活用について十分知識を持ち職種間相互の調整を図ることができる
  • 虐待の徴候を見いだし子どもの安全を確保することができる
  • 救急時に生じる可能性のある小児に関連した法的体系を理解し即時必要な対応を行うことができる
  • 他看護職に対し小児救急看護に関連した事項について必要な情報を提供し相談に乗ることができる
  • 地域社会等において虐待防止・育児指導・事故予防等の育児課題について講演等の活動を提供できる

(日本看護協会の資料による)

認定看護師(小児救急看護)の資格取得を目指す方へ

これらの分野(看護師の専門特化スキル)の取得支援は、まだ未整備のため支援してくれる医療機関も大々的にホームページで謳っていない現状があります。認定機関として承認申請をしている医療機関から、自らの施設は申請をせず、業務として認定機関に一定期間通わせて、個別に支援をする医療機関まで様々です。今後、ますます需要が高まることが予想されるこれらの認定資格。

カンゴワークスでは、資格取得を支援する医療機関やお仕事情報をご案内しています。是非お気軽にお問合せ下さい。

インターネットでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせは 0120-275-815