業界最大級の看護師求人数 看護師の転職ならカンゴワークス

手術看護(認定看護師)に関する情報

手術看護認定看護師は、麻酔、手術侵襲による心身への影響を最小限にするための安全管理、具体的には、異常の早期発見・迅速な対応、術式に応じた卓越した機械出し技術、体温・体位管理、手術機材・機器の適正な管理等を行うことが求められます。そこで、以下の能力が期待されることになります。

求められる知識と技術

  • ハイリスク患者に対し、心身の手術侵襲が最小限になるように看護を実践できる。
  • 手術チームのマネジメントおよび他部門との協調・調整ができる。
  • 手術看護の実践を通して役割モデルを示し、看護スタッフに対して具体的な指導ができる。
  • 倫理的感受性を高め、患者・家族の擁護者として具体的な倫理的配慮ができる。
  • 安全管理についての知識を熟知し、リスクを回避するためにリーダーシップを発揮できる。

(日本看護協会の資料による)

認定看護師(手術看護)の資格取得を目指す方へ

これらの分野(看護師の専門特化スキル)の取得支援は、まだ未整備のため支援してくれる医療機関も大々的にホームページで謳っていない現状があります。認定機関として承認申請をしている医療機関から、自らの施設は申請をせず、業務として認定機関に一定期間通わせて、個別に支援をする医療機関まで様々です。今後、ますます需要が高まることが予想されるこれらの認定資格。

カンゴワークスでは、資格取得を支援する医療機関やお仕事情報をご案内しています。是非お気軽にお問合せ下さい。

インターネットでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせは 0120-275-815