業界最大級の看護師求人数 看護師の転職ならカンゴワークス

がん性疼痛看護(認定看護師)に関する情報

がん性疼痛看護の認定看護師は、以下のような「実践」「指導」「相談」を行うことが求められます。

求められる知識と技術

「実践」

  • 疼痛を総合的に判断し、個別的なケアを計画・実践すること
  • 適切な薬物の使用を判断し、使用後の評価を行うこと
  • 患者・家族の生活の質を高める方法をともに計画し援助すること
  • 他職種と協働しながら疼痛緩和を実施すること
  • がん性疼痛を有する患者の人権を擁護することができるよう倫理的な判断をすること

「指導」

  • 患者、家族に対して疼痛コントロールが効果的に行えるように指導し、他の看護師に実践を通じて疼痛緩和に必要な知識・技術を示したり、学習会などの機会をもって知識を提供すること

「相談」

  • 実践を基に、がん性疼痛緩和について他の看護師からの相談に応じ、相談者とともに問題解決をはかること

(日本看護協会の資料による)

認定看護師(がん性疼痛看護)の資格取得を目指す方へ

これらの分野(看護師の専門特化スキル)の取得支援は、まだ未整備のため支援してくれる医療機関も大々的にホームページで謳っていない現状があります。認定機関として承認申請をしている医療機関から、自らの施設は申請をせず、業務として認定機関に一定期間通わせて、個別に支援をする医療機関まで様々です。今後、ますます需要が高まることが予想されるこれらの認定資格。

カンゴワークスでは、資格取得を支援する医療機関やお仕事情報をご案内しています。是非お気軽にお問合せ下さい。

インターネットでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせは 0120-275-815