不妊症看護認定看護師 種類 取得方法について

不妊症看護(認定看護師)に関する情報

不妊症看護認定看護師は,生殖医療、遺伝学、リプロダクティブヘルスの知識に基づく不妊当事者へのケア計画の立案及び治療に対するカウンセリング、教育及び自己決定への支援を行うことが求められます。したがって、以下のような知識と技術を習得する必要があります。

求められる知識と技術

  • 生殖医療に関する最新の知識を持ち、不妊症看護の概念と不妊症看護認定看護師の役割・機能を理解する。
  • 不妊の問題を抱えている個人およびその家族に対して、個別的且つ継続的なアセスメントを行い、ケアを計画・実施し、その評価ができる。
  • 不妊の問題を抱えている個人およびその家族に、その人が求めている必要な情報提供や相談を行い、治療について自己決定できるよう援助する。
  • 不妊症看護に関わる他の看護者に対し、実践的モデルを示し、実践に関する指導・相談ができ、不妊症看護の質向上のためにリーダーシップがとれる。
  • 医師やエンブリオロジスト、臨床心理士等、他の専門職者と効果的連携をとりながら、不妊症看護を実践する。
  • 人権を擁護するために適切な倫理的判断を行い、それに基づいた不妊症看護を実践する。
  • 不妊症治療の特徴を理解したうえで、看護の立場からのリスクマネージメントができる。

(日本看護協会の資料による)

認定看護師(不妊症看護)の資格取得を目指す方へ

これらの分野(看護師の専門特化スキル)の取得支援は、まだ未整備のため支援してくれる医療機関も大々的にホームページで謳っていない現状があります。認定機関として承認申請をしている医療機関から、自らの施設は申請をせず、業務として認定機関に一定期間通わせて、個別に支援をする医療機関まで様々です。今後、ますます需要が高まることが予想されるこれらの認定資格。

カンゴワークスでは、資格取得を支援する医療機関やお仕事情報をご案内しています。是非お気軽にお問合せ下さい。

インターネットでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせは 0120-275-815