業界最大級の看護師求人数 看護師の転職ならカンゴワークス

摂食・嚥下障害看護(認定看護師)に関する情報

摂食・嚥下障害看護認定看護師は,摂食・嚥下機能に障害をもつ人に対して,医療機関や介護施設,在宅といった場所で専門的かつ高度なケアを提供することができることが要求されます。したがって,以下のような知識と技術を習得する必要があります。

求められる知識と技術

  • 脳神経・筋骨格系フィジカルアセスメント及び摂食・嚥下機能評価法に基づいた、摂食・嚥下機能の評価
  • 適切かつ安全な摂食・嚥下訓練の選択、実施

(公開されている日本看護協会や教育機関の資料による)

認定看護師(摂食・嚥下障害看護)の資格取得を目指す方へ

これらの分野(看護師の専門特化スキル)の取得支援は、まだ未整備のため支援してくれる医療機関も大々的にホームページで謳っていない現状があります。認定機関として承認申請をしている医療機関から、自らの施設は申請をせず、業務として認定機関に一定期間通わせて、個別に支援をする医療機関まで様々です。今後、ますます需要が高まることが予想されるこれらの認定資格。

カンゴワークスでは、資格取得を支援する医療機関やお仕事情報をご案内しています。是非お気軽にお問合せ下さい。

インターネットでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせは 0120-275-815