業界最大級の看護師求人数 看護師の転職ならカンゴワークス | がん化学療法看護(認定看護師)

がん化学療法看護(認定看護師)に関する情報

がん化学療法看護

がん化学療法看護の認定看護師は,抗がん剤治療が選択肢となる患者・家族の意思決定過程から,抗がん剤治療の実施,治療中・化学療法後の過程の中で行われる看護に対して専門性を活かした実践・指導・教育を行い,また,最新の知識・技術を用いて,多様な患者のニーズに対応した全人的なケアを実践することで患者のQOLの維持・向上を図るとともに,がん化学療法看護に対する看護の質の向上に貢献することが求められます。したがって,以下のような知識・技術が求められることになります。

求められる知識と技術

  • がん化学療法を受ける患者・家族の身体的・心理的・社会的状況を包括的に理解し、専門性の高い看護を実践できる。
  • がん化学療法が行われる場(病棟、外来および在宅など)の特性を考慮した看護の提供を行うことができる。
  • がん化学療法薬の特性と管理の知識をもとに、薬物の投与、管理、副作用対策を、安全かつ適正に責任をもって行うことができる。
  • がん化学療法を受ける患者・家族が、セルフケア能力や化学療法中におこる問題へのマネジメント能力を高められるように、適切な看護援助を行うことができる。
  • がん化学療法を受ける患者・家族が、十分で適切な情報のもとに意思決定し、治療参加が可能となるように支援することができる。
  • がん化学療法看護の実践を通して役割モデルを示し、看護スタッフに対して具体的な指導ができる。
  • がん化学療法に伴う看護ケアに対して、看護スタッフの具体的な相談にのることができる。
  • 病院等の組織や医療サービス提供システムを理解し、医師や薬剤師等の他職種と積極的に協働することによって、チーム医療としてのがん化学療法を推進する役割を果たすことができる。

(日本看護協会の資料による)

認定看護師(がん化学療法看護)の資格取得を目指す方へ

これらの分野(看護師の専門特化スキル)の取得支援は、まだ未整備のため支援してくれる医療機関も大々的にホームページで謳っていない現状があります。認定機関として承認申請をしている医療機関から、自らの施設は申請をせず、業務として認定機関に一定期間通わせて、個別に支援をする医療機関まで様々です。今後、ますます需要が高まることが予想されるこれらの認定資格。

カンゴワークスでは、資格取得を支援する医療機関やお仕事情報をご案内しています。是非お気軽にお問合せ下さい。

インターネットでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせは 0120-275-815