業界最大級の看護師求人数 看護師の転職ならカンゴワークス | 経験が少ない看護師さんの転職

経験が浅い看護師(臨床経験3年未満)の転職 仕事について

年間10,000人以上の転職支援を行っています厚生労働省許認可の公式転職機関・カンゴワークスでは、【経験浅のナース専門転職支援】を行っています。このサービスは、カンゴワークスが業界初の無料転職支援サービスとしてリリースし、現在まで、年間1,500人以上の転職相談・お仕事紹介を行って参りました。
看護師の業界においては、新卒就職後3年以内の離職率は30%を超える状態ですが、必ずしも看護師だけに問題があるわけではありません。近年は、大学病院などの看護師育成機関でも、人員不足から充分な教育ができず、「教育体制が整っているから就職したのにイメージと違った」という理由から、早期離職に繋がるケースも少なくありません。その他、新卒〜経験3年未満のナースの退職理由トップ3は、以下となっています(※カンゴワークス登録者200名にアンケート実施)。

【退職理由第1位】残業時間・労働日数の多さ

個人差はありますが、新卒から3年未満の場合、仕事の要領・効率が悪く、本来勤務時間内に終えられる業務量であったとしても、時間内に終えられないケースが多くなります。更に、大手病院の場合は、院内研修や委員会活動も頻繁に行われていますので、勤務時間外の作業は当たり前、休日も返上で委員会のレポート作成・準備などを強いられます。最近は看護師の過労死が社会問題化し、夜勤明けで、すぐに日勤入りをさせる病院は減少しつつありますが、まだこのような過酷な労働条件を強いている病院も存在しています。その結果、残業が日常的になり、お休みもなかなか取れず、体力・精神的が限界に達し、退職につながってしまいます。

【退職理由第2位】勤務条件の違い

看護師の給与体系は、基本給に様々な手当てが加算されるため、一般的な職種より、変動する要素が多くなってきます。新卒で就職活動していた時に聞いた条件は実は残業手当が含まれていた…。休日数についても、有給休暇が取れると言っていたのに、実際は消化率0…などというケースも少なくありません。中途入職者に比べると、雇用条件の勘違いで退職につながる割合は低いですが、退職理由として2位となっています。

【退職理由第3位】人間関係のトラブル

学生にはない人間関係の苦労が、社会人にはあります。「職場の先輩や上司と上手くコミュニケーションが取れない」、「プリセプターと合わない」「先輩が怖い」など、人間関係が原因で退職に至るケースが第3位となっています。

カンゴワークスが希望通りの転職をサポートします。

経験が浅い看護師(臨床経験3年未満)の転職活動・求人数について

カンゴワークスに寄せられる求人の約90%以上は、経験3年未満でも応募可能という条件になっており、3年の臨床経験必須という求人は、総求人のわずか10%程度です。ただ、応募可能といっても、全ての求人で選考が通過できるわけではありません。病院や事業所は、経験の浅い看護師の場合、経験から能力を測ることができませんので、人柄や仕事に対する意識、ポテンシャル要素を重視する傾向がありますので、新卒で就職してから、どんな仕事を、どのような姿勢で取り組んできたか?をまずは整理し、今後、自分はどんな意識で看護師としてのキャリアを積み上げていきたいか?という方向性を明確化してから選考・面接に臨まなければなりません。

経験が浅い看護師でも、有利に転職活動を進める方法・秘訣

このページで経験3年未満のナースさんの退職理由や、転職活動の進め方を簡単にご説明してきましたが、カンゴワークスでは、経験が浅いナースさん専門の転職アドバイザーがマンツーマンで、印象をアップさせるための志望動機の作り方、面接のサポートを行い、数多くのナースさんの転職を成功に導いてきました。カンゴワークスは、厚生労働省の公式転職支援会社ですので、全てのサービスが無料でご利用頂けます。一人で悩まず、専門の転職アドバイザーに是非ご相談下さい。

カンゴワークスが希望通りの転職をサポートします。